デーウの主張には耳を塞いで? GMと銀行が買収交渉 | レスポンス(Response.jp)

デーウの主張には耳を塞いで? GMと銀行が買収交渉

自動車 ビジネス 企業動向

GM(ゼネラル・モーターズ)と、韓国の大宇(デーウ)自動車の主要債権者である韓国産業銀行は29日、「GMによる大宇自動車の買収交渉を正式に開始することで合意した」という共同声明を発表した。6月以降にアメリカ、韓国以外の第三国で交渉を開始するという。

大宇の買収については、まずフォードが名乗りを上げて交渉を行ってきたが、買収金額で折り合いがつかずに決裂してしまった。続いて名乗りを上げたのは、GMとフィアットの企業連合だが、前提条件として大規模なリストラの実施を大宇側に要求したため、激しい労働争議が起こるなど、現在でも緊迫した情勢となっている。

しかし、債権者側としては大宇を売却する以外に選択の余地はなく、大宇の意向を黙殺する形で交渉に入ることを決めた。GM、債権者の双方は今後、迅速に買収・売却に向けた協議を開始し、数カ月以内には買収条件を決め、締結を目指す方針だ。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品