外国人社長の実力は発揮されなかった---マツダ決算 | レスポンス(Response.jp)

外国人社長の実力は発揮されなかった---マツダ決算

自動車 ビジネス 企業動向

マツダは25日、2001年3月期の連結決算を発表した。連結営業損益が149億円の赤字、経常損益が297億円の赤字に転落した。国内と欧州の新車販売が低迷したのが原因。3月に2200人が申請した早期退職優遇制度などの特別損失もふくらみ、当期損失は1552億円の赤字となった。

同社は目新しい新車投入も無かったことから、国内販売前期比3.4%減となった。海外販売も欧州が大幅にマイナスとなり、同5.6%減となっている。フィールズ社長の効果は全く発揮されず、逆に赤字転落となった。

2002年3月期は、国内と欧州の販売低迷を見込んでいるものの、売上高が2兆1400億円の増収、営業利益が170億円、当期純利益ブレークイーブンを見込んでいるが、実現は難しそう。

ちなみに単体決算でもマツダは赤字となり、無配が決まっている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品