【日本アルペンラリー 展望】勝敗は二の次で国際ラリーを楽しむ | レスポンス(Response.jp)

【日本アルペンラリー 展望】勝敗は二の次で国際ラリーを楽しむ

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

19日、20日の両日、群馬県の嬬恋、万座周辺で「日本アルペンラリー」が25年ぶりに復活、第19回が開催される。日本国内ではじめて開催される国際格式のラリー。ワールドラリーカー(WRカー)、グループA、グループNラリーカーが出場する。

スバルのWRCワークスチームであるスバルワールドラリーチームは、ワールドラリーカーである『インプレッサWRC2001』をエントリー、新井敏弘/グレン・マクニールのレギュラーコンビをノミネートしている。新井は地元群馬の出身。

スバル・テクニカ・インターナショナル山田剛正社長は「新井君に走ってもらい英国からサービスを呼ぶのも、国際ラリーの一端でも見て欲しいからだ。勝つ、負けるではなく、これから日本のラリーを盛んにしていきたい」という。

三菱ラリーアートからもアジア・パシフィックラリーで優勝経験のある田口勝彦(ADVAN-PIAAラリーチーム)が『ランサー』でエントリー、“世界の走り”を見せる。なお田口はWRC第6戦のキプロスラリー(5月31日〜6月3日)にワークス参戦が予定されている。

ラリーアートの北根幸道社長も勝敗は関係ないという。「日本のラリーをいい方向に持っていくためにお手伝いする。見る人がラリーの良さを感じてくれるといい」と語る。このほかフィリピン、ジャマイカ、韓国からのグループAカーやグループNカーと、全日本ラリー選手権仕様の車両など、多彩なラリー車が出場する。
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品