【新型トヨタ『イプサム』】さらば、イプー! | レスポンス(Response.jp)

【新型トヨタ『イプサム』】さらば、イプー!

自動車 ニューモデル 新型車

トヨタの欧州デザイン室でデザイン開発を担当した大槻唯夫さん(現・第2デザイン部長)はいう。「フロント周りでは、他車が表面をグラフィック処理しただけのデザインが目立つのに対して、立体的な6角形の面取りをして、動きを出しました。バンパーコーナーも角を落として、ラウンドさせてボリュームを与えています。全長や全幅が広まっても、とり回し性を妨げていません。小回りができます」

運転席に乗り込むと、サイドミラーの前の三角ウインドウも、フロントクオーターの前方視界のために有効だ。これよりも小さいと、エクステリアの単なるスタイリング要素になってしまう、と大槻さん。

ステアリング横には、まるでガングリップのようなシフトのレバーが伸びる。これも、新しい雰囲気を出すとともに、スポーティにも乗ってもらうためにデザインという。男っぽくなったイプサム。かくしてCFキャラクターも謎の生物体イプーから愛犬に変わったのである。
《》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品