【新型トヨタ『イプサム』】「Jライン」Dピラーの処理 | レスポンス(Response.jp)

【新型トヨタ『イプサム』】「Jライン」Dピラーの処理

自動車 ニューモデル 新型車

先代『イプサム』の特徴のひとつがリアクオーターのJライン。新型ではこれをなくし、台形のDピラーを備える。トヨタの欧州デザイン室でデザイン開発を担当した大槻唯夫さん(現・第2デザイン部長)はいう。

「開発途中でいろいろなトライをしましたが、今回はコンパクトキャビンを打ち出そうということで採用しました。乗車スペースと荷室を完全に分けるという考え方をイメージしたデザインです。機能面についても、通常走行時の後方視界はもちろん、バック時には自動的にリアビューカメラが働きますので、視界も充分確保しています」。

台形ピラーはサイドビューに強さと剛性感を与えている。これまでの「ママのファミリーカー」から、「パパも運転したくなるクルマ」に変わってきたようだ。
《》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品