スズキへの対抗姿勢をより強固に---ダイハツが最新鋭工場を建設 | レスポンス(Response.jp)

スズキへの対抗姿勢をより強固に---ダイハツが最新鋭工場を建設

自動車 ビジネス 企業動向

ダイハツ工業は100%出資子会社で、群馬県前橋市にあるダイハツ車体を本社ごと、大分県中津市に移転する方針を正式に決定した。

ダイハツは大分県に新工場の土地を取得し、現在造成中。一時は販売需要が低迷して、新工場から撤退との噂もあったが、最新鋭の生産工場を建設、スズキを迎え撃つ。

移転は工場だけでなく、本社機能まるごとという大掛かりなもの。2004年には移転を完了させて新工場を稼動し、軽ワゴンの『ハイゼット』や『アトレー』を月産1万台の規模で生産する予定だ。従業員も大分に移ってもらう。

大分工場稼動開始に伴って、国内の他の3工場での生産なども全体を見直す。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品