ダイハツ、グループ企業の老朽化工場を閉鎖へ | レスポンス(Response.jp)

ダイハツ、グループ企業の老朽化工場を閉鎖へ

自動車 ビジネス 企業動向

ダイハツは、軽ワゴン車『アトレー』、『ハイゼット』などの生産を行っているグループ企業、ダイハツ車体の本社工場を2004年度中に閉鎖するという方針を明らかにした。

群馬県前橋市にあるダイハツ車体の本社工場は、ダイハツグループの中でも最も古い完成車工場で、設備の老朽化が目立っていた。ダイハツでは大分県中津市に新しい完成車工場を建築する予定で、ダイハツ車体が生産を手掛けている軽ワゴンのアトレー、ハイゼットなどの生産も移管するという。

完成車部門に従事する約900人の従業員に対しては新工場への異動を促すが、事実上のリストラとなる見込み。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品