警察の大捕物? たった1時間でスピード違反260人を検挙 | レスポンス(Response.jp)

警察の大捕物? たった1時間でスピード違反260人を検挙

自動車 社会 社会

ロンドン警察は市内のとある学校の近くの道路脇に速度違反取締機を仕掛け、1時間もしないうちに260人、1万5000ポンド(約260万円)の罰金にあたる交通違反を捕らえた。

ドライバーは次々に時速30マイル/h(48km/h)の制限ゾーンでこの取締機にひっかかり、全員がそれぞれ60ポンド以上の罰金を課せられることになった。そのうち半分は時速50マイル/h(80km/h)をオーバーし、2週間の免停。中には時速71マイル/h(約114km/h)で走行し、罰金1000ポンドに免停6カ月のドライバーもいた。

この結果は警察によって大々的に一般公表された。スピード違反を軽く見る近頃のドライバーに喝を入れようというわけである。「ロンドンに限らず、どの街がターゲットになっていたとしても同じような結果だったでしょうね」と、ロンドン警察のスポークスマン。
《》

関連ニュース

おすすめの商品