「いったい、なぜ?」ダイハツがトヨタのワゴン車を生産中止 | レスポンス(Response.jp)

「いったい、なぜ?」ダイハツがトヨタのワゴン車を生産中止

自動車 ビジネス 企業動向

トヨタは現在ダイハツで製造を行っているワンボックスカーの『タウンエース・ノア/ライトエース・ノア』の生産を、この秋のフルモデルチェンジからトヨタ車体での生産に改めるという方針を明らかにした。

タウンエース/ライトエースは、ダイハツの本社(池田)工場で製造しているが、これをトヨタ車体に移管することで、同社を軽・小型車の生産に特化させる。

トヨタ車体では『エスティマ』や『グランビア』などを生産しているが、今回の移管によって中型ワンボックスが加わり、こちらもミニバン、ワンボックス製造メーカーとしての特長をさらに強める。

トヨタではそれぞれの得意分野を強化することで、製造コストの低減を図るのが目的としている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品