いすず『ミュー』『ウィザード』など改良、目玉は4AT | レスポンス(Response.jp)

いすず『ミュー』『ウィザード』など改良、目玉は4AT

自動車 ニューモデル 新型車

いすゞ自動車は『ミュー』『ウィザード』『ウィザード・アライブ』を改良して全国一斉に発売する。ウィザードとウィザード・アライブは5月12日、ミューは7月1日から発売する。

今回の改良では、ディーゼル車にフルレンジ電子制御四速オートマチック・トランスミッションを採用した。従来よりきめ細かなギヤシフト制御が可能になり、発進から加速、高速走行まで滑らかな変速、下り坂で自然なエンジンブレーキを実現した。また、ミュー「レジントップ」にガソリンエンジンを採用し、ウィザード・アライブには60タイヤを装備した。

内外装や装備では、ミューに新しいデザインのシート生地を採用、専用のボディーカラーとして新色の「アシッドゴールド・メタリック」と「アトランティックブルー・マイカ」の2色を採用した。またフロントドアにUVカットガラスを採用、水没対応パワーウィンドウも採用した。ウィザードのリアドアにスピーカーも追加した。

希望小売価格は従来よりも平均で7000円高。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品