【CART第3戦 決勝】意識を失うほどの強烈なGが襲った | レスポンス(Response.jp)

【CART第3戦 決勝】意識を失うほどの強烈なGが襲った

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

テキサス・モーター・スピードウェイで開催されるはずだった2001年CART「FedExチャンピオンシップ」シリーズの第3戦は、決勝当日になって突然「延期」が発表された。理由は「ドライバーの身体に予想以上の負荷がかかるため」だ。

96年に完成したテキサスはすでに、NASCARやIRLの開催実績を持つが、CARTの開催は初めて。24度の急激なバンク角を持つ(もてぎは10度)のが特徴だ。スピードに勝るCARTはセッションが始まるとぐんぐんスピードを上げ、IRLを7マイル/h上回る233マイル/h(373km/h)を記録したが、このわずかなスピードアップがドライバーに予想を超えるストレスを与えることになった。

バンク通過中に縦2.5G、横4Gの強烈な重力加速度がかかるため(第4戦のナザレスの場合、縦1.5G、横4.2G)、参加した25人のドライバーのうち21人が軽い頭痛やめまいを訴えた。CART担当医は「20周以上の連続周回を続けるとさらに症状は悪化し、失神する場合もある」と発表、CART首脳部とドライバーが長時間に渡って協議した結果、レースの開催を見送り、延期とする決定が下された。

予選では高木虎之介が23位、「久しぶりのオーバルだからクラクラしたのかと思った」と語る中野信治は、日本人最高位となる予選5位を獲得して初表彰台を視野に入れていた。予選の結果は延期されたレースにそのまま有効となるが、残りのシーズンはタイトなスケジュールが組まれているため、開催日は未定。開催日の決定までに、エンジンパワーを抑えたり空力的負荷を増やすなど、スピードを抑える対策が講じられる予定だ。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品