【ハイエンド・カーAVの世界】デモカーに搭載されたカーDVDシステムの全容 | レスポンス(Response.jp)

【ハイエンド・カーAVの世界】デモカーに搭載されたカーDVDシステムの全容

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品

【ハイエンド・カーAVの世界】デモカーに搭載されたカーDVDシステムの全容
  • 【ハイエンド・カーAVの世界】デモカーに搭載されたカーDVDシステムの全容
  • 【ハイエンド・カーAVの世界】デモカーに搭載されたカーDVDシステムの全容
  • 【ハイエンド・カーAVの世界】デモカーに搭載されたカーDVDシステムの全容
では実際のところ、このシステムがどのようにインストールされているか、DVDレシーバー「VD-01M」を中心に、サラウンドプロセッサ「DS-01」やセンタースピーカーの「KSC-900CTR」などで構成したケンウッドのデモカーでチェックしてみよう。

構成機器については、まずフロントコンソールの上段にDVDレシーバー「VD-01M」が装着され、その下にMP3対応CDプレーヤー「D929」が取り付けられている。そして助手席の下にサラウンドプロセッサ「DS-01」が置かれているほか、運転席と助手席の間のフロアに10連奏CDオートチェンジャー・プレーヤ「C929」も装備される。

スピーカーシステムは、フロントドアと後席両サイドに「KFC-SV1720」を装着。ダッシュボード上中央には、映画の臨場感をもたらすセンタースピーカー「KSC-900CTR」が、後部のカスタムスピーカボックスにはモノラル接続の25cmウーファが付いていて、テールゲートを明けると姿を現す。その下に5.1chステレオパワーアンプ「KAC-859」が設置されている。

カーナビは運転席の下に「DVZ-2201」が装着され、ダッシュボード上にVICSユニット「VF-B2200」が付く。そして、ステアリングポストの上にボイスコントロールマイク「KNA-VM2000」が付き、センターコンソールの運転席側に音声案内用アンプ内蔵スピーカー「KNA-SP100」が備えられている。

サラウンドプロセッサやパワーアンプなどの関連機器はシート下のスペースを利用して納められているが、車内空間にはゆとりのあるミニバンでも設置場所には苦心しているようだ。これが乗用車だと、オーディオとカーナビの最小限のシステム構成であっても、設置スペースや配線類の処理には頭を使う必要がありそう。

また、10インチ大型液晶モニターが前席後部の天井から吊り下げられていた。この後席モニタは市販品を組み合わせて使えるが、自分のクルマの車室空間に合わせて装着位置やサイズを考えることが重要だ。
《》

おすすめの商品