ゲームの話なら良かったのに…。首都高ルーレット族41人が御用 | レスポンス(Response.jp)

ゲームの話なら良かったのに…。首都高ルーレット族41人が御用

自動車 社会 社会

ゲームの話なら良かったのに…。首都高ルーレット族41人が御用
  • ゲームの話なら良かったのに…。首都高ルーレット族41人が御用
警視庁は15日、東京都内の首都高速環状線を猛スピードで周回し、タイムを競い合ったり、他車とのバトルを繰り広げている、通称「ルーレット族」の一斉検挙に着手し、道路交通法違反(速度超過)で41人を摘発したことを明らかにした。

この日の取り締まりは首都高の交通量が少なくなり、ルーレット族のクルマが多くなる未明から行われた。環状線内に覆面パトカーを多数配置し、速度超過したクルマを追跡してナンバーを記録。ナンバーを無線連絡して途中の検問で停止させた該当車両を検挙するという方式を取り、分岐している各道路や一般道に逃げ込んでも追跡ができるよう、周辺道路にもパトカーを配置させた。

取り締まりが行われていることを知らずに制限速度を125km/hも上回る185km/hで走り抜けるクルマや、逃げる途中に事故処理をしていたパトカーに追突するというトラブルも発生。深夜の首都高は大混乱となった。

警視庁の高速道路交通警察隊では、地方からの挑戦者が増えるゴールデンウィーク中にも今回と同様の取り締まりを行うことをすでに予告している。
《石田真一》

関連ニュース

特集

おすすめの商品