メンテナンスフリーのシールドバッテリーを搭載電動車いす、スズキから | レスポンス(Response.jp)

メンテナンスフリーのシールドバッテリーを搭載電動車いす、スズキから

自動車 ニューモデル 新型車

スズキは、補水作業が不要なメンテナンスフリーの最新型シールドバッテリーを搭載した電動車いす『MC2000S』および『MC3000S』を、9日に発売した。スズキの長年の電動車いす作りから得た経験を生かして、随所に使いやすさのための機能を盛り込んだという。

MC2000Sの最高速度は4.5km/h、MC3000Sは6.0km/hという仕様の違い。静粛性を高めた車載式充電器、新デザインで扱いやすい形状のプラグ、ジョイスティック・ボックスの5灯式バッテリー残量表示計、静音型の電磁ブレーキ、乗り心地を向上させた大型スイングアーム式後輪左右独立サスペンションなどが特長。

販売目標台数は2機種合計、年間で2000台。メーカー希望小売価格はMC2000Sが39万5000円、MC3000Sが41万円、消費税は非課税となっている。
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品