【株価】ダイムラー・クライスラーによる三菱の黒字転換予測は不発 | レスポンス(Response.jp)

【株価】ダイムラー・クライスラーによる三菱の黒字転換予測は不発

自動車 ビジネス 株価

全体相場は続伸したが、自動車株は高安まちまち。日野自動車が、前日比14円高の545円と続伸。トヨタが同社を子会社化する、との一部報道が材料視された。トヨタ側は「現時点で何も決まっていない」としているが、思惑が先行する動きとなった。

一方のトヨタ自動車は、前日比30円安と小反落。この日、大規模中古車店舗の全国展開(将来的に100店以上)を発表したが、市場は反応しなかった。材料を無視されたのは、三菱自動車工業も同じ。ダイムラー・クライスラーのシュレンプ会長が株主総会で、三菱自動車の2001〜02年度の黒字転換、03〜04年度の利業利益率4.5%という見通しを示したが、肝心の株価は1円安と不発に終わった。

さらに日産自動車も、8円安の849円と反落。2006年3月期の国内新車販売台数で、100万台(2001年3月期比36.5%増)という目標を発表したが、利益確定の売りに押された。いすゞ、富士重工業が続伸し、スズキもしっかり。一方、ホンダは反落した。
《山口邦夫》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品