【株価】マツダ業績下方修正で続落、好材料との声も---さあ、どっちだ? | レスポンス(Response.jp)

【株価】マツダ業績下方修正で続落、好材料との声も---さあ、どっちだ?

自動車 ビジネス 株価

全体相場は小幅ながら4日続伸したが、円相場が1ドル=124円台を回復。NY高を受けて資金がハイテク株に向かったため、自動車株は総じて軟調な動きとなった。

中でもマツダは、前3月期業績の下方修正を嫌気し、前日比20円安の305円と続落した。連結最終損益が1565億円(当初予想496億円)に膨らみ、売上高は2兆0300億円(同2兆1000億円)に減少する見込み。もっとも赤字幅の拡大は、退職給付債務を15年償却から一括償却に切り替えたためで、むしろ好材料とする声も聞かれた。

日産自動車は、前日比21円安の831円
と続落。反発して始まったが、円高が進行したことで、利益確定の売りに押される展開となった。イトーヨーカ堂のIYバンクへの出資を見送ったトヨタ自動車は、前日比20円安の4300円と小幅続落。スズキも3日続落し、ダイハツ工業も5日ぶりに反落した。この日小幅ながら上げたのは、いすゞ、三菱自動車工業と日野自動車工業の3社のみ。
《山口邦夫》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品