F1テスト2日目、トラクション・コントロールはどうなる! | レスポンス(Response.jp)

F1テスト2日目、トラクション・コントロールはどうなる!

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

4日、ミナルディを除く全チームが4つのサーキットでサンマリノGPへ向けてのテストを行った。シルバーストーンでは前日に引き続き、午前中は雨のためほとんどのチームがテストらしいテストができなかった。午後になるとやっと路面が乾きだし、BARホンダのジャック・ビルヌーブがチームメイトのオリビエ・パニスを抑えてトップタイムを記録。

マクラーレンはアレクサンダー・ブルツがトラクション・コントロール、ミカ・ハッキネンが出来たばかりのMP4-16の新車をシェイクダウンさせた。ジョーダン・ホンダのリカルド・ゾンタはエンジンの交換のため午後の走行はなし。ブラジルGPからマシンの帰還が送れたため、ヤルノ・トゥルーリは4時からの参加となった。

マニクールでは全チームがトラクション・コントロールのテストを実施。トップタイムはプロストのジャン・アレジがマークした。南スペインのヘレスでテストを行ったのはベネトンとジャガー。トップタイムを記録したのはベネトンのジャンカルロ・フィジケラだが、これは昨シーズンのマシンで出したもの。B201にのったジェンソン・バトンはチームメイトに2.5秒以上遅れた。

フィオラノではこの日もルカ・バドエルのみが参加。トラクションコントロールに伴なう電気系統のテストのほか、スタートの練習を念入りに行った模様。

シルバーストーン
順位ドライバー/
チーム
タイム周回
1ビルヌーブ/
BAR
B1分22秒91
2パニス/
BAR
B1分23秒50
3ブルツ/
マクラーレン
B1分24秒39
4ハッキネン/
マクラーレン
B1分24秒65
5トゥルーリ/
ジョーダン
B1分25秒9210
6ゾンタ/
ジョーダン
B1分26秒7931
   

マニクール
順位ドライバー/
チーム
タイム周回
1アレジ/
プロスト
M1分23秒7065
2ライコネン/
ザウバー
B1分23秒7368
3モントーヤ/
ウィリアムズ
M1分24秒9886
4ジェネ/
ウィリアムズ
M1分26秒1691
5フェルスタッペン/
アロウズ
B1分27秒5355
   

ヘレス
順位ドライバー/
チーム
タイム周回
1フィジケラ/
ベネトン
M1分22秒71348
2ブルティ/
ジャガー
M1分22秒97344
3アーバイン/
ジャガー
M1分23秒35866
4バトン/
ベネトン
M1分25秒37836

フィオラノ
順位ドライバー/チームタイム周回
1バドエル/
フェラーリ
B1分00秒25679

※タイヤ:B=ブリヂストン、M=ミシュラン
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品