【WiLL第2弾デビュー】メガウェブでデビューした『VS』、これがクールなんですよ | レスポンス(Response.jp)

【WiLL第2弾デビュー】メガウェブでデビューした『VS』、これがクールなんですよ

自動車 ニューモデル 新型車

初夏を思わせる陽気の中、『WiLL VS』の記者発表会は、東京・臨海副都心のメガウェブ内、トヨタシティショーケースで行なわれた。注目のトヨタのWiLL事業、そのまた注目のクルマ第2弾ということで発表会は多くのジャーナリストでにぎわった。

ラインナップは1ZZ-FE型1.8リットルFF、同4WD、2ZZ-GE型1.8リットルFFの3仕様。価格は順に175万円、190万円、205万円と発表された。販売は今日からトヨタビスタ店で。月販目標は1500台。

第1弾の『Vi』がクルマの文法から大きく外れたところで勝負していたのに対し、『VS』は従来の自動車デザインに戻ったような印象。「そのぶん弱いのではないか、という議論は開発段階でありました」と認めるのはVVC(ヴァーチャルベンチャーカンパニー)クリエティブ・コーディネーターの浜田真司さん。浜田デザイナーは『VS』の発表を前に新設のメガウェブ・スタジオに移動になっている。

「Viは第1弾ということでWiLLの看板でもありました。しかし今はWiLLの認知度は上がっています(auto-ASCII注:ターゲット消費者層で80%)。現代の若者が好む製品は、基本性能・機能は押さえておきながら、ディティールで個性を出したり差異化を図るんですね」と、いうことだそうだ。
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品