【WiLL第2弾デビュー】カローラベース、だがサスペンションは専用チューン | レスポンス(Response.jp)

【WiLL第2弾デビュー】カローラベース、だがサスペンションは専用チューン

自動車 ニューモデル 新型車

『WiLL VS』のベース車両は、現行カローラだ。「なんだ、カローラか」などとがっかりするなかれ。カローラと基本が同じということは、すなわち現行セリカと同じということ。軽量・高剛性の新世代シャーシをもつだけに、走りには大いに期待できる。

ボディサイズは全長4385×全幅1720×全高1430mm(4WDモデルは1440mm)で、全幅は3ナンバーサイズながらコンパクトにまとめられている。

サスペンションは、フロントがLアームマクファーソンストラット式、リアがトーコレクト機能付きトーションビームをもつイータビーム式だ。4WDモデルのリアサスはダブルウィッシュボーン式独立懸架となる。

いずれもカローラ、セリカですでに定評を得ている形式で、基本性能は十分だが、さらに『WiLL VS』向けにスポーティな専用チューニングが施されている。

2WDモデルには、16インチ大径ホイールを採用し、運動性能の向上が図られている。タイヤサイズは205/55R16で、リム幅も6.5JJとワイドだ。ブレーキも15インチ大径ディスクとなり、スポーツ走行時の耐熱性を高めている。

4WDモデルは195/65R15タイヤとなる。EBD(電子制動力配分制御)付きABSと、※ブレーキアシストが全モデルに標準装備される。

※急ブレーキ時に、ドライバーのブレーキペダルの踏み込みが甘い場合にアシストするシステム
《井元康一郎》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品