ダイクラ、ボルボから三菱株を取得---一拠点化に拍車!? | レスポンス(Response.jp)

ダイクラ、ボルボから三菱株を取得---一拠点化に拍車!?

自動車 ビジネス 企業動向

ダイムラー・クライスラーは1日、スウェーデンのボルボが所有する、三菱自動車の株式3.3%分を取得することで、ボルボ側と大筋で合意した。

ダイムラー・クライスラーと三菱の間では、提携時に「2003年まで出資比率を変えられない」という条項が書かれた覚書を交わしている。ボルボからの株式取得ではこの部分が問題となり、取得が困難になるのでしないかという話もあったが、三菱自動車側は条項の書き換えを認める方向を示し、今回の取得が決まったようだ。

ボルボからの売却された株式の取得後、ダイムラー・クライスラーの持株は全体の37%となり、三菱自動車側が取得(自社所有)している34%を上回り、筆頭株主となる。取得後は三菱自動車の発言力が低下することは確実な情勢で、三菱の独自性は失われていく可能性が高い。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品