仲間外れは悪いので、大型トラックも排ガスを★★★で評価 | レスポンス(Response.jp)

仲間外れは悪いので、大型トラックも排ガスを★★★で評価

エコカー 燃費

国土交通省は、低排出ガス車認定制度に車両重量3.5トン以上の重量車(トラック・バス)を対象として新たに加えるため、低排出ガス車認定実施要領を改正し、4月1日から施行することを決めた。

低排出ガス車認定制度では、最新の排ガス規制値より有害物質の排出量を25%以上削減したものを1ツ星★、50%以上削減したものを2ツ星★★、75%以上削減したものを3ツ星★★★として認定している。しかし、これまでの認定制度では、型式指定車と装置型式指定を受けた一酸化炭素等発散防止装置を装着したもののうち、車両総重量3.5トン以上の重量車を除くものが対象だったため、トラックやバスなどの大型車は環境を重視したエンジンを搭載していたとしても、評価されなかった。

このため、4月1日からは制度を改め、新たに車両総重量3.5トン以上の重量車を追加する。認定する際の排出ガス試験方法は、ガソリン13モード、またはディーゼル13モードで、耐久走行距離は25万km。重量車は従来のHC、NOxに加えてPMの排出量も要件とする。2004、2005年の排ガス規制値を基にHC、NOx、PMを25%以上低減したものが1ツ星、50%以上低減したものは2ツ星、75%低減したものは3ツ星として認定する。

ただ、現状のトラック、バスのうち、認定されるレベルの環境性能のものは無いので、実際に適用されるのはまだまだ先のことだ。。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品