ホンダ、600ccエンジンの世界最大級スクーターを発売 | レスポンス(Response.jp)

ホンダ、600ccエンジンの世界最大級スクーターを発売

自動車 ニューモデル 新型車

ホンダは29日、スクーターとしては世界最大の排気量となる『シルバーウイング』を4月20日から発売することを明らかにした。価格は74万9000円と、スクーターとしては最も高い価格設定となっている。 

シルバーウイングは排気量600ccの水冷4ストロークエンジンを搭載。燃料噴射装置に電子式を採用し、ハイパワーを実現している。これまで同社の最大排気量のスクーターは250ccエンジンを搭載する『フォルツァ』だったが、シルバーウイングはそれをはるかに上回り、いわば“未知の世界”をユーザーに体験させるものになりそうだ。

シルバーウイングということは「ゴールドもあるのか?」と疑問を持つのは間違いないが、ホンダの二輪車ラインナップに『ゴールドウイング』もちゃんとある。ただしこちらは北米市場でのみ販売する排気量1.8リットルの超バケモノバイク。オンロード型の最高峰に「金」を、スクーターの最高峰に「銀」を持ってくる、そのセンスがホンダらしいところか。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品