【リコール】初期故障ではなかった? トヨタ『カローラフィールダー』が止まらない | レスポンス(Response.jp)

【リコール】初期故障ではなかった? トヨタ『カローラフィールダー』が止まらない

自動車 社会 行政

【リコール】初期故障ではなかった? トヨタ『カローラフィールダー』が止まらない
  • 【リコール】初期故障ではなかった? トヨタ『カローラフィールダー』が止まらない
  • 【リコール】初期故障ではなかった? トヨタ『カローラフィールダー』が止まらない
トヨタ自動車は『カローラフィールダー』と『カローラ』の制動装置に不具合があったとして、国土交通省にリコールを届け出た。対象となるのは2000年9月5日から2001年2月2日までに生産した561台。

対象のクルマでは制動装置において、ブレーキマスタシリンダ(油圧発生部)からアクチュエータ(油圧制動装置)までの間のブレーキパイプを組み付ける時に変形させたものがあるため、そのままの状態で使用を続けると、原動機の振動などにより当該ブレーキパイプがパワーステアリング用油圧パイプと接触して損傷し、最悪の場合、ブレーキ液が漏れて制動力が低下する。

不具合件数は4件で、発見は市場からの情報による。
《レスポンス編集部》

関連ニュース

特集

おすすめの商品