アイシン、技術者育成目的で1952年製の希少車を3年掛けてレストア | レスポンス(Response.jp)

アイシン、技術者育成目的で1952年製の希少車を3年掛けてレストア

自動車 ビジネス 企業動向

アイシン精機は22日、同社が1998年4月から手掛けてきた、トヨペット『FL-2』のレストア(復元)が終了したことを明らかにした。

トヨペットFL-2は1952年にわずか5台のみが生産されており、「幻の小型車」と呼ばれている。同社では熟練技能者から若い技能者への技術の伝承や、エンジニア育成を楽しみながら行うことを狙いに、これまでも1960年式トヨタ『クラウン』や、1978年式『ハーレー』をレストアしてきたという経緯がある。

しかし、今回レストア対象となったFL-2は台数自体が少なく、量産車だったクラウンなどと違って設計図面が残っていないことから、いったん完全に分解した後、部品を一点ずつ新たに図面化し、部品を作っては現場合わせで加工し直すなどの作業を繰り返した。また、腐食が進んで使えないパーツは素材から吟味して製作するなどしたため、復元まで3年の月日を要した。

復元チームは、主に工場の20〜30歳代の技術者から希望者を募り、35人編成で昨年の4月から終業後の時間や休日を利用して作業に当たっていた。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品