トラクションコントロール・テストでもやっぱりトップは…… | レスポンス(Response.jp)

トラクションコントロール・テストでもやっぱりトップは……

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

4日間の予定で行われるバルセロナ近郊カタルーニャサーキットでの合同テストが20日にスタート。ここでもトップタイムはフェラーリだった。フェラーリのテストドライバーのルカ・バドエルは、昨年のマシンの改良型に4月のスペインGPから復活するトラクションコントロールをテスト。2位のマクラーレン、アレクサンダー・ブルツに0.7秒の差をつけた。

マクラーレン側からの発表はないものの、ブルツもトラクションコントロール採用にともなう電気系統のテストを行っていた模様。1チームだけ2台のマシン、FW23とFW22Bを持ち込んだウィリアムズが最下位のタイムだった。2日目にはジョーダン・ホンダやBARホンダなども参加予定。

順位ドライバー/チームタイム周回
1バドエル/フェラーリ1分21秒03129
2ブルツ/マクラーレン1分21秒71761
3ハーバート/アロウズ1分22秒31560
4ウェーバー/ベネトン1分22秒41964
5ジェネ/ウィリアムズ1分22秒70980
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品