三菱リコール隠しで株主代表訴訟、11億円を請求 | レスポンス(Response.jp)

三菱リコール隠しで株主代表訴訟、11億円を請求

自動車 社会 社会

三菱自動車工業がリコール隠し、クレーム情報隠しを行なっていたことから、同社に損害を与えたとして同社の株主1人が、河添前社長ら役員11人を相手に、総額11億7700万円を同社に支払うよう求めた株主代表訴訟を東京地裁に提訴した。

訴えたのは大阪の市民団体「株主オンブズマン」のメンバーの1人。訴えによると同社のリコール隠しやクレーム情報隠しのために同社の信用が失墜、売上げが減少し、無料点検サービスで余分なコストがかかったとして同社に115億円の損害が発生したと主張している。クレーム隠しを放置していた当時の役員に支払える額を考慮して、1人あたり1億円強と訴訟費用で、合計11億7700万円を同社に支払うよう求めた。
《レスポンス編集部》

関連ニュース

おすすめの商品