【F1オーストラリアGP速報】シューマッハ、世紀を越えて!! | レスポンス(Response.jp)

【F1オーストラリアGP速報】シューマッハ、世紀を越えて!!

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

2001年F1グランプリ開幕戦オーストラリアGPは4日メルボルンのアルバートパーク・サーキットで決勝が行われ、2年連続でフェラーリのミハエル・シューマッハが優勝を飾った。前日の予選で圧倒的な速さでポールポジションを獲得したシューマッハは、終止冷静な走りで昨シーズンから5戦連続となるポール・トゥ・ウィンを決めた。

チャンピオンシップで最大のライバルと目されているマクラーレンのミカ・ハッキネンは、スタートで3位から2位に順位を上げシューマッハに食らい付いたものの、26周目に突然コントロールを失いタイヤバリヤに激突。今年もマシンの信頼性に不安がもたれる初戦となった。

レースは5ラップ目、BARホンダのジャック・ビルヌーブとウィリアムズのラルフ・シューマッハのマシンが交錯してマシンが大破するというアクシデントが発生。幸い両ドライバーに大きな怪我はなかったが、コースマーシャルの一人が死亡するという悲劇となった。この事故により10ラップ、約25分間に渡ってセーフティーカーが導入された。

2位にはデビッド・クルサード(マクラーレン)が入り、ルーベンス・バリケロ(フェラーリ)が3位。注目のホンダ勢はBARホンダのオリビエ・パニスがいったん4位でゴールしたがイエローフラッグ中に追い越したとして25秒ペナルティ、7に後退した。ジョーダン・ホンダのハインツハラルド・フレンツェンは序盤3位走行中にバリケロと接触し大幅に順位を下げたものの、粘りの走りで5位入賞(確定)を果たした。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品