【ホンダF1ストーキング】ジョーダンがウォーキンショウから奪いとった「凄腕」 | レスポンス(Response.jp)

【ホンダF1ストーキング】ジョーダンがウォーキンショウから奪いとった「凄腕」

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

【ホンダF1ストーキング】ジョーダンがウォーキンショウから奪いとった「凄腕」
  • 【ホンダF1ストーキング】ジョーダンがウォーキンショウから奪いとった「凄腕」
  • 【ホンダF1ストーキング】ジョーダンがウォーキンショウから奪いとった「凄腕」
ジョーダン・ホンダの新たなテクニカルディレクターに、エグボール・ハミディが正式に就任したことが発表された。ハミディは10年以上のF1キャリアを持つ人物で、96年にはスチュワートのエアロダイナミクスのチーフとして、99年からはアロウズのチーフデザイナーとして活躍していた。

ハミディ自身は次のように喜びをコメントしている。「チームとホンダの仕事ぶりは本当に素晴らしい。彼らの努力に僕も貢献できることを楽しみにしているし、チームが設定したゴールを達成できるように、マシンの熟成に力を注いでいきたい」

一説には空力に過敏な性格を持つというEJ11だが、チームの主要技術メンバーが大量に離脱していただけにその継続的な開発に対しては疑問視する声があった。ハミディはアロウズのトム・ウォーキンショウから執拗な引き留めにあっていたと伝えられていたが、これで晴れてジョーダン・ホンダの行く末に光明が見えたと言えるだろう。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

おすすめの商品