【待ってました! 『シビック・タイプR』】マニアック・メカニズム | レスポンス(Response.jp)

【待ってました! 『シビック・タイプR』】マニアック・メカニズム

自動車 ニューモデル 新型車

ジュネーブ・モーターショーを前にして、ホンダは『シビック・タイプR』のベールを剥いだ。3ドア・ホットハッチはイギリスのスウィンドン工場でのみ作られ、欧州で350万円前後のプライスタグをつけて10月に発売予定だ。

シビック・タイプRの導入は、BARやジョーダンへのエンジン供給という形でのF1参加を背景に考えると、ホンダがより刺激的なメーカーを目指すという宣言だ。実際、シビックメタイプRにはレースでつちかわれた、ロードゴーイングカーとしてはマニアックといっていいほどの技術が注ぎ込まれている。さしあたってのライバルは6月に発表が予定されているフォード『フォーカスRS』(2.0リットル16バルブエンジンで出力230PS)か。

標準型シビック3ドアと比べて筋肉質な外観は好ましいが、タイプRの“キモ”はその通り、ボディの中にある。エンジンは2.0リットル直4・ツインカム16バルブ「i-VTEC」。バルブ開閉のタイミングとリフト量を連続して変化させるのがi-VTECだ。出力は200PS @ 7400rpm、トルクは196Nm(20.0kgm) @ 6500rpm。1.6リットルエンジンだった先代からはそれぞれ12PS、37Nm(3.8kgm)の強化である。

エンジンについては、レッドゾーンが7900rpmからとトップハッピーなVTECの性格は残しておきながら、低回転でのトラクションを改良したとホンダではいっている。赤いカムカバーのこのオールアルミ・ユニットは、今年1月のデトロイト・モーターショーでコンセプトカー『RS-X』に搭載されてお目見えしている。RS-Xの方は来年登場予定の『インテグラ・タイプR』の予告だといわれる。
《》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品