シューマッハ「ペイ・パー・ヴュー」には反対 | レスポンス(Response.jp)

シューマッハ「ペイ・パー・ヴュー」には反対

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

ドイツのメディア・グループ「EM.TV」と「Kirch」がSLEC(フォーミュラ・ワン・ホールディングス・ファンド)の75%を取得することでほぼ合意したという報道に対し、ミハエル・シューマッハ(フェラーリ)が否定的な意見を持っていることを明らかにした。

二社の合意によりドイツにおけるF1放送が将来的に「ペイ・パー・ヴュー」(有料放送)になることは、誰もがF1に親しめる機会を損ねるもので、F1の将来に悪い影響が出るだろうとシューマッハは語っている。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品