【株価】日産への注目衰えず、リコール三菱に嫌気 | レスポンス(Response.jp)

【株価】日産への注目衰えず、リコール三菱に嫌気

自動車 ビジネス 株価

自動車株高安まちまち。日産自動車は、前日に続いて出来高は市場第6位。前日比5円高の714円と小幅ながら続伸した。『プリメーラ』『シーマ』の新車効果で、市場の評価も急速に高まっており、引き続き注目を集めている。

マツダは、前日比11円安の325円と7日ぶりに反落。前日までの6連騰でおよそ60円の上げを演じただけに、この日は利益確定の売りに押される展開となった。ホンダは、前日比20円高の4730円と小幅ながら続伸。この日発表した、2001年3月期の第3四半期連結決算は、前年同期に比べ増収減益となったが、会社側は通期業績を修正する必要はないとしている。

トヨタ自動車は、前日比10円安。この日の終値4020円で、5500万株の自社株買いを行うことを明らかにしている。富士重工業、スズキは続伸。三菱自動車工業は、前日比33円安の364円と大幅安。新たにリコール関連費用170億円が明らかになったことが嫌気された。ダイハツ工業は、前日比18円安の695円で6日ぶりに反発した。
《山口邦夫》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品