“予言”する……2020年の車社会はこうなる | レスポンス(Response.jp)

“予言”する……2020年の車社会はこうなる

自動車 ニューモデル 新型車

マサチューセッツ工科大学の研究者による「2020年の車社会」についての”予言”が発表された。それによると、2020年には車全体の数が現在より15%減少し、燃費は現在より35%向上し、価格は現在より5%高くなる、という。

これらの数字には今後の社会でハイブリッド、燃料電池、電気自動車などがどうかかわってくるか、ということも大きな要素となっている。詳しい内容や数字の根拠については、3月5日からデトロイトで開かれるSAE(オ−トモティブ・エンジニア・ソサエティ)の会議で発表されるという。
《Sachiko Hijikata, US editor》

編集部おすすめのニュース

おすすめの商品