【ジュネーブ・ショー2001出品車】『AクラスLWB』その1 ---『Eクラス』並の居住性 | レスポンス(Response.jp)

【ジュネーブ・ショー2001出品車】『AクラスLWB』その1 ---『Eクラス』並の居住性

自動車 ニューモデル モーターショー

メルセデスベンツ『AクラスLWB』、つまりロングホイールベースが間もなく登場する。この追加仕様はジュネーブ・モーターショーで実車が披露される予定だ。日本投入は6月、それにさきがけてauto-ASCII読者に写真をお届けしよう。

現行Aクラスのホイールベースを170mm延長し、全長は3623mmとなった。拡大分はそのままリアシートのレッグルーム拡大にあてられている。各種寸法は正式には発表されていないが、暫定数値としてメルセデスベンツは乗員のヒップポイント間隔を945mmと発表している。これはミドルクラス・サルーンの『Eクラス』より後席のレッグルームが広いことを意味している。

またリアシートを取り外すと、AクラスLWBの荷室容量は1930リットルになるという。標準型Aクラスでは1740リットルである。
《》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品