バルセロナ合同テスト、ベネトンがF1に“ハイブリッド”…… | レスポンス(Response.jp)

バルセロナ合同テスト、ベネトンがF1に“ハイブリッド”……

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

カタロニアサーキットで行われているF1合同テスト、29日はウイリアムズのファン・モントーヤがトップタイムを記録した。FW22開発型に乗ったモントーヤはわずか17ラップでトップタイムを記録。ニューマシンFW23のラルフ・シューマッハは6位。

ベネトンはジャンカルロ・フィジケラ、ジェンソン・バトンがB200に新型コンポーネンツを搭載したハイブリッドマシンで参加。来週ベニスで発表する予定のB201の開発プログラムのためセットアップ、空力、シャシーなどをチェックした。

2台のニューマシンR2を持ち込んだジャガー、エディ・アーバインは3位のタイムを記録したものの、ルシアーノ・ブルティのマシンはトラブルが続出してしまった。

順位ドライバー
/チーム
タイヤ
※1
タイム
※2
周回
1モントーヤ
/ウイリアムズ
M1'20''9117
2フィジケラ
/ベネトン
M1'21''4956
3アーバイン
/ジャガー
M1'21''2882
4バトン
/ベネトン
M1'21''5343
5ベルノルディ
/アロウズ
B1'22''7230
6R. シューマッハ
/ウイリアムズ
M1'23''2217
7ブルティ
/ジャガー
M1'23''5624
8マッツァカーネ
/プロスト
M1'24''4610

※1:B=ブリヂストン、M=ミシュラン
※2:合同テストのため、オフィシャルタイムは発表されず、タイムはあくまでも参考。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品