【飛躍!! 新型日産『プリメーラ』】驚くぐらいのクルマじゃないとダメだ | レスポンス(Response.jp)

【飛躍!! 新型日産『プリメーラ』】驚くぐらいのクルマじゃないとダメだ

自動車 ニューモデル 新型車

新型『プリメーラ』の登場で、『ブルーバード・シルフィ』や、まだ発売されている『ブルーバード』といったクルマとの、社内での住み分けはどうなるのだろうか? シルフィがよりコンサバな顧客向けのクルマだとしても、新型プリメーラの登場で、ブルーバードはついに、なくなってしまうのか?

「ブルーバードという名前は、何しろ日産の看板ともいえるものですから、めったなことではなくさないと思います」と、松尾佳宏CPSは語る。全国のブルーバード・ファンもひと安心だ。

それにしてもプリメーラは、日産のM/Lクラス・セダンの主力車種として、保守的なユーザーが多い国内モデルとしては、かなり大胆なデザインを身にまとってきた。今後登場する日産のセダンも、こうした「アバンギャルド路線」でゆくのだろうか?

「ほかのクルマのことはあまりとやかく言える立場ではありませんが、これに続いて出るクルマも、こういう路線になるでしょう。とにかく我われは、お客様に喜んでいただき、驚いていただけるくらい強いインプレッションを与えることが出来なければ、これからのクルマはダメだと考えています。もちろん、乗ってみてクルマとしてキチンとしていることは当然ですけどね」と松尾さん。今後の日産デザイン、大いに期待できそうである。
《》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品