【シカゴ・ショー2001出品車】現代『HCD6』ロードスターは市販化されるのか | レスポンス(Response.jp)

【シカゴ・ショー2001出品車】現代『HCD6』ロードスターは市販化されるのか

自動車 ニューモデル モーターショー

2月7日から始まるシカゴオートショーで、韓国の現代(ヒュンダイ)自動車が最新のロードスターコンセプト、『HCD6』を発表する。2シーターでミッドエンジンの小型スポーツカーは、カリフォルニアにある現代のデザインセンターで開発されたもの。

ヤング層をターゲットに、シャープなボディラインとシングルロールバーで野性味をかもし出している。バンパーはカーボンファイバー製、エンジンカバーはシースルーで遊び心もいっぱいだ。またヘッドライトがホイールの動きに合わせて左右に動く、というのも最近では目新しい。

エンジンはDOHC V6の2.7リットル。6速MTのみの設定。価格は現代の車らしく「求めやすい価格」が予定されているという。市販開始時期などは未定。
《Sachiko Hijikata, US editor》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品