【ホンダF1ストーキング】パニス、シューマッハを抜いてトップ | レスポンス(Response.jp)

【ホンダF1ストーキング】パニス、シューマッハを抜いてトップ

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

5日目を迎えたカタロニアサーキットで行われているバルセロナ合同F1テストは、25日から参加したBARホンダのオリビエ・パニスが今週のトップタイムとなる1分20秒787を出した。

このトップタイムを出したマシンはBAR002だが、ニューマシンBAR003もテストしたパニスは、26日(予定)に行われるニューマシン発表会に向け準備万端といった様子。一緒に参加した開発ドライバーのダレン・マニングは少ないラップ数ながらもウィリアムズのテストドライバー、マルク・ジェネを遙かに上回るタイムを出し、才能をアピールしていた。

一方、ミハエル・シューマッハ(フェラーリ)はF1-2000の改良開発型で予定されていたプログラムをすべてこなし、初テストを終了した。「序盤戦をターゲットにしたタイヤのテストをたくさんしたよ。ブリヂストンはいいタイヤを供給してくれている。あとトラクションコントロールもいくつか試してみたんだ」と、テスト後に語ったシューマッハ。

フェラーリは1月29日にニューマシン発表会を行ったあと、2月1日から3日まで再びバルセロナに戻り、ルーベンス・バリケロがニューマシンでテスト行う予定。

順位ドライバー/チームタイヤ
※1
タイム
※2
周回
1パニス/
BARホンダ
B1'20''78753
2シューマッハ/
フェラーリ
B1'21''34083
3フェルスタッペン/
アロウズ
B1'21''71934
4トゥルーリ/
ジョーダン・ホンダ
B1'22''89994
5マニング/
BARホンダ
B1'22''09310
6ジェネ/
ウイリアムズ
M1'22''84049

※1:B=ブリヂストン、M=ミシュラン※2:合同テストのため、オフィシャルタイムは発表されず、タイムはあくまでも参考。
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品