カロッツェリアからMDLP対応カーオーディオが登場 | レスポンス(Response.jp)

カロッツェリアからMDLP対応カーオーディオが登場

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品

パイオニアはカーオーディオ「カロッツェリア」ラインナップの強化を図るため、1DINサイズのMDレシーバーなど14モデルを2月上旬より順次発売すると発表した。今回発表となった中で注目されるのは、カロッツェリア初のMDLPに対応したMDレシーバー『MEH-P777』がラインナップに加わったことだ。

MDLPは2倍/4倍モードで最長5時間20分の長時間再生が可能となるもので、ロングドライブにも最適なシステムとなる。ディスプレイは多彩な表示が可能となる有機ELによるフルモーション3Dグラフィックス表示を実現。内蔵アンプは従来モデルから引き継いだパワーMOS-FETを採用し、そのパワーは50W×4chと一層強化したものとなっている。

この他、トヨタ『ヴィッツ』(3/5ドア)と『プラッツ』のフロントダッシュボード部分にそのままジャストフィットするスピーカーシステム『TS-DRC2VT』を新たにラインナップ。ウーファー部に分解能に優れたケブラー・ファイバーコーンを採用して優れたサウンドを提供可能とした。

今回発表された主なモデルは以下の通り。

MDレシーバー
 MEH-P777(5万7800円、3月下旬発売)
 MEH-P555(4万2000円・3月下旬発売)

CDレシーバー
 DEH−P777(4万2000円、3月上旬発売)
 DEH-P555(2万9800円・2月上旬発売)
 DEH-333(2万4800円・2月上旬発売)

カセットレシーバー
  KEH-P555(1万9800円、2月上旬発売)

CDデッキ
  CDS-P555(2万1000円、2月上旬発売)

CDチェンジャー
 6連奏モデル・CDX-P670(2万8000円、
 2月上旬発売)
 12連奏モデル・CDX-P1270(3万1500円、
 2月上旬発売)
 FMタイプ6連奏・CDX-FM675(3万円、
 2月上旬発売)

ヴィッツ/プラッツ用スピーカー
 TS-DRC2VT(3万3000円、2月上旬発売)

スピーカー
 10cm2ウェイ・TS-E1075(9800円、
 3月上旬発売)
 13cm3ウェイ・TS-E1395(1万3800円、
 3月上旬発売)
 17cm3ウェイ・TS-E1795(1万7800円、
 3月上旬発売)
《会田肇》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品