【ランエボ7デビュー】対決!! 『インプレッサWRX STi』vs『エボリューションVII』 | レスポンス(Response.jp)

【ランエボ7デビュー】対決!! 『インプレッサWRX STi』vs『エボリューションVII』

自動車 ニューモデル 新型車

【ランエボ7デビュー】対決!! 『インプレッサWRX STi』vs『エボリューションVII』
  • 【ランエボ7デビュー】対決!! 『インプレッサWRX STi』vs『エボリューションVII』
  • 【ランエボ7デビュー】対決!! 『インプレッサWRX STi』vs『エボリューションVII』
  • 【ランエボ7デビュー】対決!! 『インプレッサWRX STi』vs『エボリューションVII』
永遠のライバル、『ランエボVII』vs『インプレッサWRX STi』。スペックだけで比べてみても、以下にあげるだけの違いがある。あくまでも基本性能の熟成で勝負する『インプレッサ』と、ACD、AYCといったハイテクをますます洗練させた『ランエボ』。両車の対決やいかに?

現時点では乗り比べが出来ないので、まず、両車をスペックで比べてみよう。

まずエンジンでは、かたや直4ターボ、こなたフラット4ターボと形式は大きく異なるが、最高出力はともに280ps。発生回転数もランエボが6500rpm、インプレッサが6400rpmと大差ない。最大トルクでは、ランエボが39.0kgm/3500rpm、インプレッサが38.0kgm/4000rpmと、ランエボが首位を奪回している。

パワーウェイトレシオで比べれば、ランエボが5.00kg/psに対し、インプレッサが5.11kg/ps、トルクウェトレシオで比べても、ランエボが35.9kg/kgmに対し、インプレッサが37.6kg/kgmと、あくまで数値上ではランエボが勝っている。

シャシーのディメンションで比べれば、ホイールベースはランエボが2625mm、インプレッサが2525mm。トレッドはランエボが前後1515mmにたいし、インプレッサは前1490/後1480mmと、インプレッサのほうがやや小ぶりだ。そのためか、最小回転半径はランエボが5.9mにたいし、『インプレッサ』が5.4mとなっている。つまり、小回りや取りまわしは『インプレッサ』のほうがよさそうだ。

そして、燃費で比べれば、ランエボの10・15モード燃費が9.6km/リッター、インプレッサが10.4km/リッターと、意外にもインプレッサのほうが燃費がいい。しかも燃料タンク容量はランエボが48リットルに対し、インプレッサが60リットルだから、インプレッサのほうが論理的には長距離巡航できることになるが…。

しかし、いくら数値で比較しても、クルマは乗ってみなければわからないものだ。一刻も早く、新型『ランエボ』vs『インプレッサ』の比較試乗してみたいものである。
《》

編集部おすすめのニュース

おすすめの商品