【ランエボ7デビュー】熟成のリアマルチリンクサス、バンプストロークを10mm拡大 | レスポンス(Response.jp)

【ランエボ7デビュー】熟成のリアマルチリンクサス、バンプストロークを10mm拡大

自動車 ニューモデル 新型車

【ランエボ7デビュー】熟成のリアマルチリンクサス、バンプストロークを10mm拡大
  • 【ランエボ7デビュー】熟成のリアマルチリンクサス、バンプストロークを10mm拡大
  • 【ランエボ7デビュー】熟成のリアマルチリンクサス、バンプストロークを10mm拡大
  • 【ランエボ7デビュー】熟成のリアマルチリンクサス、バンプストロークを10mm拡大
『ランエボVII』のサスペンションは前ストラット、後マルチリンクの形状を踏襲しながら、ワイドトレッド化、ロングホイールベース化に合わせてセッティングを熟成した。またタイヤは235/45R17の専用サイズを設定し、限界性能を一段と高めている。

フロント・サスペンションでは、トレッドの拡大、ロールセンター高の最適化、バンプストロークの15mm増量などのチューニングが行われ、コーナリング時の初期応答性から限界性能にいたるまでの旋回性能をトータルに向上させたという。

また、ステアリングギアボックスの位置を低くすることで、リニアなトー変化を実現し、旋回中の挙動の安定性を高めたという。さらに、クロスメンバーのフラット化や、左右のロアアーム取り付け部を2本の補強バーで連結した構造を取ることで剛性をアップさせ、操舵フィーリングの向上と高G旋回時のロール剛性感を向上させたという。

リア・サスペンションでも、フロントと同じく、トレッドの拡大、ロールセンター高の最適化、バンプストロークの10mm増量などのチューニングが行われた。さらに、ダンパーの容量がアップされ、その減衰力やスプリングのバネレート、ブッシュ特性なども最適化されたという。

またタイヤは、235/45R17サイズのハイグリップ・軽量高剛性タイヤを装着(RSは205/65R15 94Hが標準)。ホイールのリム幅もアップされている。
《》

編集部おすすめのニュース

おすすめの商品