【ホンダF1ストーキング】ジョーダンがシルバーストーンで始動 | レスポンス(Response.jp)

【ホンダF1ストーキング】ジョーダンがシルバーストーンで始動

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

16日の新車発表会から一夜明け、ジョーダン・ホンダは地元シルバーストーンでニューマシンのシェイクダウンを行った。厳しい寒さのため、開始が11時30分まで遅れたが、その後ハインツハラルド・フレンツェンはEJ11で27ラップを走らせた。

ニューマシンのペースを掴むことと、エンジンに集中してドライビングしたというフレンツェンは「昨日は大騒ぎだったけど、こうやってマシンをトラックに戻して、貴重な開発時間を持てたのは良いことだね」とコメント。

一方、リカルド・ゾンタはスペインGP後に導入予定のエンジンマネージメントシステムの開発のためEJ10Bで21ラップ走り込んだ。テストは3日間の予定で行われ、最終日にはヤルノ・トゥルーリがフレンツェンの作業を引き継ぐことになっている。

順位ドライバータイム(参考)周回
1フレンツェン1'27''1127
2ゾンタ1'36''6921
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品