【ランドローバー『フリーランダー』が来た!】たよりになる末っ子 | レスポンス(Response.jp)

【ランドローバー『フリーランダー』が来た!】たよりになる末っ子

自動車 ニューモデル 新型車

ランドローバー・ジャパンは、小型4WD『フリーランダー』を本日発表、2月3日から販売する。ランドローバー・レインジの末っ子にあたるモデルであり、ヨーロッパではこれで新規顧客=若いユーザー層を開拓しつつある戦略車種だ。

また東京・有楽町の東京国際フォーラムで開催された媒体発表会には、ランドローバー本社社長のロバート・ドーバーやマーケティングサービス担当取締役マシュー・テーラーはじめ首脳陣が顔をそろえ、ランドローバーの日本市場にかける意気込みを見せた。

さらにランドローバーは昨年7月にBMWからフォードへ2750億円で売却され、大勢に変更があった。フリーランダーのお披露目は、日本における輸入・販売の新体制の発表でもあったわけだ。

クルマの方はいわゆるライトクロカン。ランドローバーで初めてモノコックボディ(厳密にはビルトイン・ラダーフレームと呼んでいるが)と横置きエンジンを採用した。

日本に導入されるモデルは5ドア・ワゴンボディと3ドア・ソフトバックの2種類。5ドアにはエントリーモデルの「S」、トップ・オブ・ザ・レインジの「ES」の2グレードがある。3ドアは「GS」の1グレード。エンジンはすべて2.5リットルV6、トランスミッションは5AT。

価格は5ドア「S」が295万円。象徴的な低価格車ではなく、「実際の価格競争力のあるモデル」(マーケティング&広報担当ジェネラル・マネジャー森川修)である。本革内装、16インチ軽合金ホイール、クルーズコントロール、ルーフレールなどを追加した「ES」は335万円。3ドア「GS」はそれらの中間の315万円だ。今年の販売目標は2500台とされている。
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品