【ホンダF1ストーキング】エディ---新型ジョーダンで優勝が近付いた | レスポンス(Response.jp)

【ホンダF1ストーキング】エディ---新型ジョーダンで優勝が近付いた

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

16日、ジョーダンはニューマシン発表会を行い、2001年のF1チャレンジャーであるEJ11を公開した。シルバーストーンに拠点を置くジヨーダンと、世界屈指の自動車メーカーであるホンダとの長期に渡るパートナーシップの第一歩となるEJ11は、ホンダRA001E型3リットルV10エンジンを搭載。

発表会にはチームオーナーのエディ・ジョーダン、ホンダF1プロジェクトリーダーの保坂武文氏をはじめ、ハインツハラルド・フレンツェン、ヤルノ・トゥルーリ、テストドライバーのリカルド・ゾンタらが顔を揃えた。

保坂氏は「2001年の目標はホンダ・パワーを乗せたチームをコンストラクターズ選手権の3位に入れること。そしてドライバーを表彰台の一番てっぺんに立たせること。どちらも実現できると信じている」と、コメント。

ホンダ・レーシング・ディベロップメントのテクニカルディレクター、西澤一俊氏も「ニューエンジンは外からは同じに見えても、ほとんどすべてのパーツを改良した」と自慢のエンジンを紹介。エディ・ジョーダンは「ワールドチャンピオンシップに勝つという夢の実現が近づいた」と自信をのぞかせていた。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品