バレンシア合同テスト、フェルスタッペンがトップ! | レスポンス(Response.jp)

バレンシア合同テスト、フェルスタッペンがトップ!

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

5チーム10ドライバーが参加して行われるバレンシア合同テストの初日は、なんとAMTエンジンを搭載したアロウズA21に乗ったヨス・フェルスタッペンがトップタイムを記録した。

セカンドタイムを出したのはベネトンのジャンカルロ・フィジケラ。チームメイトのジェンソン・バトンは変わりやすい天気に翻弄され、4ラップしか走ることができず、タイムも最下位だった。久しぶりにサーキットに戻ってきたマクラーレンのミカ・ハッキネンは開発マシンのMP4/15-kに乗り6番手のタイム。

先日、いち早くニューマシン発表会を行ったジャガーはルシアーノ・ブルティがニューマシンR2で、エディ・アーバインはR1Bで参加した。なお、このテストはブリヂストンとミシュランが昨年末以来、久々に顔を合わせている。

順位ドライバー/チーム※1タイム
※2
周回
1フェルスタッペン
/アロウズ
B1'18''3078
2フィジケラ
/ベネトン
M1'19''3245
3アーバイン
/ジャガー
M1'19''7021
4モントーヤ
/ウイリアムズ
M1'19''8244
5ジェネ
/ウイリアムズ
M1'20''5026
6ハッキネン
/マクラーレン
B1'20''6539
7ブルツ
/マクラーレン
B1'24''6731
8R. シューマッハ
/ウイリアムズ
M1'28''3133
9ブルティ/ジャガーM1'32''1830
10バトン/ベネトンM1'51''134

※1:ブリヂストン=(B)、ミシュラン=(M)
※2:合同テストのため、オフィシャルタイムは発表されず、タイムはあくまでも参考。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品