【ホンダF1ストーキング】ヘレス合同テストで佐藤琢磨「プレッシャーない」 | レスポンス(Response.jp)

【ホンダF1ストーキング】ヘレス合同テストで佐藤琢磨「プレッシャーない」

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

3チーム4ドライバーが参加して行われるヘレス合同テスト、初日の15日はBARホンダのオリビエ・パニスがトップタイムを記録した。先週シェイクダウンしたニューマシンのBAR003に乗ったパニスはホンダ製ニューエンジンのチェックに加え、サスペンション、トランスミッションなどを試しながら43ラップを消化し、充実した表情でテストを終えた。

またBARのテストドライバーに正式決定してから初参加となった佐藤琢磨は、BAR002に搭載した2001年仕様のトラクション・コントロールとブレーキの開発に集中しながら63ラップを走った。

「前回はドライバー開発プログラムの一環としての参加だったから、今回はプレッシャーもなく、やるべき仕事に集中することができた。テストやエンジニアたちとの作業はとても楽しかった。たくさんのことを学んだし、自分自身も成長できたと思う。F1がどんなものか知ることができたし、次にマシンに乗れる機会が楽しみ」と語った。

順位ドライバー/チーム※1タイム※2周回
1パニス/BARホンダ1'23''5243
2バドエル/フェラーリ1'23''92-
3佐藤琢磨/BARホンダ1'24''7863
4ハイドフェルド/ザウバー1'25''45-

※1:ブリヂストン=(B)、ミシュラン=(M)
※2:合同テストのため、オフィシャルタイムは発表されず、タイムはあくまでも参考。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品