昨年12月度の少数リコールを国土交通省が発表 | レスポンス(Response.jp)

昨年12月度の少数リコールを国土交通省が発表

自動車 社会 行政

昨年12月度の少数リコールを国土交通省が発表
  • 昨年12月度の少数リコールを国土交通省が発表
国土交通省は、リコール対象台数が100台未満のプレス未発表のリコール届け出について公表した。昨年の12月度は3件が対象で、詳細は以下の通り。

日野自動車=日野『ブルーリボンシティ』、対象7台。前輪のABSの電気配線と摩擦警報の電気配線の取り回しが不適切なため、そのままの状態で使用を続けると最悪の場合、ブレーキホースに穴があき、液が漏れるおそれがある。

フォード『エクスプローラー』、対象19台。運転席、助手席の座席ベルトでバックルに製造不良のものがあり、極端に大きな荷重がかかった場合、最悪の場合、ベルトが外れて乗員を拘束できなくなるおそれがある。

BMW『R1100S』、対象75台。ハンドルについてリコール届け出を行ったが、後付け部品のため、使用者全てを把握できないことから12月7日にプレス発表を行った。
《レスポンス編集部》

関連ニュース

特集

おすすめの商品