【頂点へ、新型日産『シーマ』】『Q45』とはこことここが違う | レスポンス(Response.jp)

【頂点へ、新型日産『シーマ』】『Q45』とはこことここが違う

自動車 ニューモデル 新型車

新型『シーマ』最大のマーケットといえば、インフィニティ・ブランドで『Q45』の名で売られる北米市場である。北米仕様は日本仕様とどう違うのだろうか。

「基本的にはほぼ同じですが、大きく違うのはエンジンですね。4.5リットルがガソリン直噴ではなく、通常のガソリンエンジンとなります。そして最高出力は340psとなっています。具体的には、4000rpm以上の回転域でのトルクの出方の違いが、最高出力の違いになっているんですけど」と、日産自動車パワートレイン事業本部の住永卓さんは言う。

内外装では、左ハンドル化されるのはもちろんだが、「車内のモニターが8インチから7インチとなり、日本仕様のようにせり出したりしないで、ダッシュボードにビルドインされます。それから、日本仕様ではCDプレイヤーがついているところに、アナログ式の時計がつきます。これは初代以来の、『インフィニティ』の伝統なんですね」と、同社デザイン本部・第一プロダクトデザイン部の伊藤光国さんは言う。

なお新型『シーマ』は、北米のほか、アジア・中近東地域にも輸出される。海外での販売目標台数は、現時点では未定とのことだ。
《》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品