【東京オートサロン・プレビュー】ダークホースの予感、取材班を強化 | レスポンス(Response.jp)

【東京オートサロン・プレビュー】ダークホースの予感、取材班を強化

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

いよいよ12日からチューンドカー&ドレスアップカーの祭典、「東京オートサロン・ウィズ・オートアジア2001」が幕張メッセで開催される(14日まで)。auto-ASCIIは取材班を昨年より増強し、リポートに加えて大写真蔵をアップ予定だ。

今年の東京オートサロンはメッセのホール1から8、さらにアリーナまで使い、展示車両700台以上という国際モーターショー並みのイベントだ。ショップやユーザーが自慢の愛車を展示する“ストリート”モーターショーだったが、最近は影響力が大きくなってきたので量産メーカーが自社製スペシャル・バージョンを展示することも多い。

日産は『GT-R』をここで発表したことがあるし、昨年トヨタは『bB』を事実上デビューさせ、スバル『レガシィB4ブリッツェン』も発表された。モデリスタ『カセルタ』も最初はオートサロンに参考出品されたモデルだ。

昨年の新型量産車で今年のオートサロンをにぎわしそうなのはやはりトヨタのbB、『オーパ』、ホンダ『ストリーム』、スバル『インプレッサ』あたり。三菱は『ランエボVIトミマキ』を発表した実績があるから、ひょっとして『VII』を出すかも知れない。auto-ASCIIの記事を欠かさずチェックしてほしい。
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品