アーバインは21世紀も「舌」好調 | レスポンス(Response.jp)

アーバインは21世紀も「舌」好調

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

アーバインは21世紀も「舌」好調
  • アーバインは21世紀も「舌」好調
  • アーバインは21世紀も「舌」好調
待望のF1ワールドタイトルをフェラーリにもたらし、しばらくは安泰かと思われるシューマッハ&バリケロのコンビ。だがその前年まで4年間シューマッハのセカンドドライバーを務めたエディ・アーバインはそうは思っていない様子。

ジャガーに移籍したものの、わずか4ポイントと苦しい2000年シーズンを送ったアーバインだが、ジャガーというチームには満足しているという。

「僕はジャガーに入るという決断をして本当によかったと思っている。でもルーベンスが一年前より今のほうがハッピーだと思うかい? 彼はスチュワート(現ジャガー)ではヒーローだった。なのに今は常にミハエルの陰になっている。彼はいい仕事をしたよ。でもミハエルを決して超えることができないことも、同時に証明してしまったね」
《編集部》

編集部おすすめのニュース

おすすめの商品