【読者情報】『プリウス』の燃費が伸びない原因がわかった! | レスポンス(Response.jp)

【読者情報】『プリウス』の燃費が伸びない原因がわかった!

エコカー 燃費

現在初期型プリウス(NHW10)に乗っているbooleanさんからのおたより---

e燃費でも初期型『プリウス』は何台か登録されているようですが、10・15モード燃費(28km/リットル)と比較するとあまり成績が良くないようです。この理由をプリウスユーザーとして少し考えてみました。

プリウスには5分毎6区間、計30分の区間燃費計がついています。これを見ていると毎回最初の5分程度の燃費が非常に悪いようです。大体12km/リットル前後といったところでしょうか。条件によってはさらに落ちます。そのあとは状況にもよりますが20〜30km/リットルまでアップします。

これは、メーカーの説明によると、エンジンを保護するためとのことです。このことからプリウスは1回の運転時間が長い運転環境に適したクルマだといえます。他の車でも多かれ少なかれ同じ傾向があるとは思うのですが、限界まで性能を引き出しているプリウスの場合、特にその傾向が強いのでしょう。実際私の場合だと、片道20km近い通勤がメインですが、e燃費が始まって以来8000kmを22km/L以上で走りました。

これはこれで仕方ないとは思うのですが、残念なのは、メーカー側が短距離の運転が主な場合燃費が低下する恐れのある特性を、ユーザーに知らせなかったことです。この結果、短距離しか運転しない人が燃費を期待してプリウスを買い12〜13km/リットルしか走らないという話もインターネット上で時折見かけます。

ただ、最近のマイナーチェンジしたプリウスは最初の5分の燃費もだいぶ向上したようです。e燃費にもこの新型プリウスが登場して名誉挽回してくれればいいのですが。
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品